ドクターワンデル副作用!血便?下痢やアレルギーなど注意点!

ドクターワンデル副作用!血便?下痢やアレルギーなど注意点!

ドクターワンデル副作用

ドクターワンデルは多くのワンちゃんに使えるように、副作用の起きにくい安全な素材を厳選して使用されています。

しかしお口と体全体から効果を発揮する様々な原材料を使用しているためワンちゃんの体質によっては反応してしまう場合があります。

口コミでは血便を疑う投稿も合ったりと購入前に心配になってしまいますよね。

特にアレルギーや下痢をしやすい体質、犬種、子犬や高齢犬の場合は、予め知っておくと安心です。

ドクターワンデルに血便の疑い!関係性の真実は?

血便疑いの犬

うちの子は13歳半のコーギー10kg。まだ評価中。副作用で食欲減退、大腸出血(うちの子はストレスや腹冷えで簡単に腸壁が脱落してくる)の例はありませんか? ここ2日ほど吐いて、今日は腸壁が脱落し血便になりました。ワンデルの影響でなければいいのですが。

口コミ引用元:amazonカスタマー

ドクターワンデルは様々な成分が含まれていますが、血便になる大腸出血を引き起こす成分は含まれていないので、恐らく血便の原因は投稿者が書かれているようにストレスや腹冷えが原因ではないかと思います。

また、レビュアーのプロフィールを見ると、3件しかレビューがなく全てクレームのような内容なので、あまり信ぴょう性がないように思えます。

しかも血便の口コミは、総販売数32万本以上売れた中の、これ1件のみなので、他のワンちゃんが血便になる可能性は低いと考えて良いでしょう。

ドクターワンデルは副作用の下痢に優しい乳酸菌配合

ドクターワンデルは副作用の下痢に優しい整腸作用のある乳酸菌が配合されています。

この乳酸菌は胃酸で死滅してしまうことが無い、生きたまま腸に届き、整腸作用が期待できる特殊な乳酸菌(クリスパタス菌KT-11)です。

そのためほとんどのワンちゃんは副作用の下痢の心配なく使用可能ですが、以下の一部のワンちゃんには注意が必要です。

【下痢】ドクターワンデルでアレルギー経験のある犬の場合

ドクターワンデルを食物アレルギーをお持ちのワンちゃんに使用すると下痢になったり、アレルギー反応が出てしまう場合があります。

特に気を付けたいのが「卵黄粉末」「シソ」を使用しているので、これらにアレルギーのあるワンちゃんは、予め使用を控えておいた方が安心です。

また、以下の食物アレルギーを持つワンちゃんは使用しないことをおすすめします。

心配な場合は予め獣医師に相談しておくと良いでしょう。

【下痢】カンデルで消化不良を起こしやすい犬の場合

消化が弱いワンちゃん(体質・子犬や高齢犬)の場合、カンデルを使用すると便が緩くなったり下痢を起こす場合があります。

そんな場合は使用を中止するようにしてください。

健康状態が戻ったら、カンデルを小さく切って、少しずつ慣らしてみてください。少量でもウンチが緩かったり下痢を起こす場合は、体質に合わない為、使用を中止しましょう。

ドクターワンデルとカンデルの全原材料

愛犬がアレルギー体質の場合は以下の原材料を予め確認しておきましょう。

ドクターワンデルの原材料

ドクターワンデル
グリセリン、水、ヒト脂肪幹細胞培養上清液、 スイゼンジノリ多糖体、ヒアルロン酸Na、ヒドロキシアパタイト、シソエキス、デキストリン、リベチン含有卵黄粉末、乳酸桿菌溶 解質、プラセンタエキス、シルク、プロポリスエキス、BG、ヒドロキシエチルセルロース、カルボマー、水酸化K、メチルパラベン、ブチルパラベン

カンデルの原材料

カンデル
牛皮、米粉、食物繊維、大豆たん白、カツオエキス、卵黄粉末、増粘安定剤(加工でん粉、増粘多糖類)、グリセリン、ソルビトール、酸化防止剤(ビタミンE)、着色料(銅葉緑素)、リン酸カリウム、緑茶抽出物

ドクターワンデル+カンデルの副作用!下痢・アレルギー注意点まとめ

ドクターワンデルは2年間で20万本も販売されている商品で、口コミでもほとんどのワンちゃんが問題なく使用できていますが、ごく一部のアレルギー持ちや消化が元々弱い子には副作用の注意が必要です。

ただし、ドクターワンデル+カンデルは公式サイトの定期コースでも初回から解約が可能なシステムなので、万が一体調が悪くなったらいつでも解約が可能なので安心。

まずは1本からお試ししてみることをおすすめします。